身の周りにいる人は、自分の鏡だと思いまして。

頑張らないブログ

普段遊ぶ人。

普段連絡をとる人。

普段一緒にいる人。

 

これらは俗に言う「友達」のことだ。

 

むかしは

「友達100人出来るかな!」

と意気込んでいた時期もあったけど

100人も並行して友達をするのは無理だった。

 

人付き合いは得意な方だけど

一気に多くの人と連絡とったりが不器用なんですわ。笑

 

でも

実際に100人とまではいかなくても

めちゃくちゃ大勢の人と連絡を取れる人もいる。

世渡り上手でモテるタイプの人間だ。くそ。

 

 

***

 

 

まぁ。

友達の数=幸せ」じゃ無いのは

長く生きていけばわかると思うけど。

 

ただ

誰と一緒にいるのか」って

めっちゃ人生を表してるのかもなって思いまして。

 

類は友を呼ぶ。

とはよく聞きますが

実際にそうだなぁと、多くの方が気づいているはずなんですよね。

 

超体育会系アルハラ漢(a.k.a ○○) と 頭脳派ノンアル少年団

が一緒にいることはあんまり無いみたいな。

 

たま~にいるけど、

どこかで共通してる部分があるか。どちらかが我慢してるか。笑

 

まぁ言葉の通りだけど

僕達は、

自分の周りの人が

どんな感じだとか考えなかったりしてましてね。

 

けど

周りの人の集まりやチーム、

群れにはめちゃくちゃ敏感になってて。笑

 

「あいつらの言動意味わからんクネ?笑」

「何であんなことしてんだろ。笑」

「生理的に受け付けないよな。笑」

 

みたいに結構ボロカス言ったり思ったりしてる人は、割と多くて。

そういう類の人たちは

自分の事が見えていないのかなって。

 

だから

自分の周りの人を見てみませんか?って。

ここで一旦、振り返ってみても良いのかもワークシートは下でやりましょ。

 

 

***

 

 

【鏡で自分を見直しちゃおうワークシート(500円)】

STEP1 : あなたが良く関わる人を5人~10人書き出してみましょう!

 

これは冒頭で書いた

よく遊んだり、一緒にいたりする人です。

 

このSTEPでは、自分の鏡を準備します。

ちなみに僕は5人も思いつきませんでした。友達欲しい。

 

STEP2 : その人達の特徴を書き出してみよう!

 

周りの人を書き出せたら

次はその人達の特徴を書き出してみましょう。

 

例えば「超体育会系アルハラ漢(a.k.a○○)」の場合は

 

・無駄に声がでかい。

・太って無い。

・週末は群れになって居酒屋で騒ぐ。

・意外と優しい。

・後先のことは考えない。

・あんま風邪ひかない。etc…

 

こんな感じです。

これは僕の偏見ですが、異論は受け付けません。

 

STEP3 : そこで多く被った項目があなたの見え方(見られ方)です!

 

2つの段階を踏んで

特徴を書きだしたらあとは簡単。

 

書き出した特徴の、共通部分が多い項目をピックアップします。

 

するとどうでしょう。

自分の鏡達が

自分で気づいてない見られ方を映し出しているではないでしょうか!

 

周りの事を

とやかく言っていた自分は、周りからはこう見られているのか。。と

 

そうすると必然的に

周りの批評をするよりも、自分の見直しをするようになるはずです。知らんけど。

 

 

***

 

 

こんな風にやってみると

新しい自分が発見できるかもしれませんね、怖い怖い。

 

で!

鏡って、結構なんでも映し出しちゃうみたいで。

 

SNSとかで

あっさい付き合いをしながらも、お互いフォローし合う人たちの

投稿やストーリーや呟きを、無意識の状態で見ていると

 

いつの間にか

それが自分の考えの一部になってたりするもので。

周りの人が、ネガティブ思考が多ければそうなるし。

前向きな人が多ければ、自分も前向きになるし。

 

しかも!

それってコントロールも出来ちゃって!

自分がこうなりたい人たちがいれば

その人達と一緒にいたり、繋がったりをメインにする事で

無意識に近づいたり、映し出されたりもするんですよね。これまじで。

 

「じゃあ早速やった方がいいやん!」

って感じで、もちろんそうなんだけど

自分と違うものを映し出すのは、割とメンタルくるんで

ちょっとづつやってみて下さいな。

 

人のふり見て我がふり直せ

類は友を呼ぶ

ことわざって凄いわ。

これからもよろしく四苦八苦!

コメント

タイトルとURLをコピーしました