短期間で急激に距離が縮まる。「変態的」人間観察

人間観察シリーズ

「人間観察が趣味です。」

そういう人は結構いる。と思ってます。

でも僕の人間観察は

趣味の領域を超えて、仕事や日常生活で役立つみたいで。

 

今このブログを見てくれている人は

人との距離を早く縮めたい!

という場合がほとんどだと思うので

(だってそういうタイトルだしね。メンタリスト気取りかよ。とか言わんでね。)

さっさと始めるけど、1つだけ注意点があります。

 

僕のブログは

大勢の頑張ってる人と違って

 

・目次をつけたり

・読みやすくしたり

・特化した情報を用意したり

 

は一切しない。というか出来ない。向いてない。

 

なので

みなさんの生まれ持った、その大きな器で。

温かい目で見守ってね。

 

 

***

 

 

まず

普通の人間観察から話そう。

(その方が話が繋がる気がして)

 

普通の人間観察とは

例えば目の前にこんな人がいたとすると

 

・スマホゲームに熱中してるドイツ人ハーフかな?

・スーツ着てるから社会人かも

・ん?でもヒゲ生やしてるし伊達メガネっぽいな。

・老けた就活生かな。

・だとしたら就活失敗したんかな。雰囲気的に。

・あーでも、普段から人目を気にしない奴かもな。

・てかブルーライトカットメガネいいなetc…..

 

このように

目から入ってきた情報を、出来るだけ汲み取って

その人間の中身まで大妄想をするものだという大前提で。

いってしまえば自己完結で。

2度とその人と関わらない事が多い。

 

 

***

 

 

じゃあ

「出来るだけ早く、人との距離を縮めたい」

場合にはこれをどう活用すればいいのか。

僕流の人間観察で。勝手に説明していこう。(いこう)

 

まず第一に

距離を縮めたいという事は、何度も会うチャンスがある。

だから最初は

上で書いているような人間観察の基礎を徹底的にやってほしい。

 

コツは

五感を研ぎ澄ませて

全神経をその人に集中させる感じだけどわかる?

 

で!

今回は見てるだけだと

今後のあなたは「ジロ見キモ太郎」として認定されてしまう恐れがある。気をつけてね。

※責任は一切負いかねます。

 

ほんでほんで

何ということでしょうか。

今回は会話もする事が出来ると思うんですよ!

コミュ力は頑張れよ!応援してっから!

 

喋りながら

相手の言ったワードや

声の調子が上がった会話を、バレないようにメモる。

その場で出来ない状況なら、後でメモる。

 

ここまで行けば、あとは最後のひと頑張り。

 

 

***

 

 

先ほどあなた達は

目の前にいる、距離を縮めたい人に対して

ジロジロ見ながら、情報を得て。

耳の穴を限界まで広げ、情報を得て。

普段通り話してる時の7倍くらいの「情報」を得ることが出来たと思います。

 

そしたら

その情報をまとめるんです。

例えば、さっきのスマホゲーム野郎の場合を考えてみましょう。

 

・さっきの視覚的情報でブルーライトカットいいなと思った。

・話してみると「っしゃあああああ3キルぅぅうう!」と言っていたので、サバゲー系をしてるのかも。

・ほとんど会話のキャッチボールがないくらい集中してる。凄い集中力だ。

・めっちゃ課金してるらしい。知らんけど。

 

のように増えた情報を

紙に書いたり、スマホでメモをします。

こんな感じで。

 

その情報を

次会うときまでに調べまくれば完璧です。

 

僕はこの人たちと2日間の新入社員セミナーで会いましたが、コレをしてめちゃくちゃ仲良くなりました。

 

その分話題になりそうな事は

徹底的に調べる。

 

そうすれば

明日からあなたも

最高の気分を味わえるかもしれないし、味わえないかもしれない。

 

結構書いてて面白かったので

人間観察シリーズをここに貼っていこうと思う。

(2020年5月22日現在 0記事)

 

今日はここまで。

明日からしばらく、中身のない日記に戻ると思う。

手抜きバレるからみんどいてくださいな。

 

左右のお尻にデキモノできた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました