知らない私、こんにちは。/【見えない自分に意味を見出すお話】

どうも。いつもお世話になっております。べたです。

今日のテーマは「自分の事は自分が一番分かっている」と思っていることに対して

そんなことないでしょ。と意義を申し立てるものになっています。

自分のことは意外と分からない。分かってるつもりなだけ。

だけど、それも悪くない。

そんな話をしていきます。

目次

  1. 自分の知らない「自分」がいるという件。
  2. 他人から「自分」について学ぶ件。
  3. もちろん嫌な気持ちにもなる件。
  4. 結局心持ちが大事な件。
  5. 知らない私、こんにちは。

自分の知らない「自分」がいるという件。

「自分のことを一番分かっているのは自分だ。」

そう思いながら生きている人は少なくないと思う。

ほかの人には見せてない、自分しか知らない部分もあるだろうし

死ぬ間際に病状を伝えられてなくても「知ってるよ。もう長くないんでしょ。」

みたいなことはあるんだろうけど。

だけど僕は、それってほんの一部なんじゃないかと思っている。

就活の時に大流行する「他己分析」ってあると思うんだけど、

自分では気づいていなかった「良いところ・悪いところ」が見つかる。

あぁ、そんな風に見られてるんだ。すげー。」とか思うし。

じゃあ、自分の知らないことって、自分に対して、どう作用するのか。

今日はそのことについて、考えた。

他人から「自分」について学ぶ件。

いつかの記事でも書いたけど。

世間から見えている自分」と「自分が思っている自分」は全くの別物だ。

それっぽいことはこの記事に書いてるので、暇な時にでも。

テンション・スイッチ
テンションの切り替え、出来ますか?

だからこそ、他人から学ぶことは沢山あるんだと思っている。

例えば、僕はよく「優しい」と言われる。

正直言って、そんなつもり全くない。「感情ないよね」とも言われるくらいだし。

ただ、あまりにも言われるので一度自分について考えてみた。

そしたらあることが分かったのだ。

それは、僕の中で、幸せに生きて欲しい人に対しては、嘘をつかないで接していること

本気でその人の為になると思えば、冷たいようなことも平気で言っている。

だが結果としてそれが「優しい」につながっていたのだ。なるほど。

そういう意味で言えば、世界一優しい男と言っても過言じゃないだろう。嘘だけど。

こんな感じで、他人から「自分」について学ぶことがしばしばある。

この記事を読んでくれている方も、きっと思い当たることはあるはずだ。だよね?

もちろん嫌な気持ちにもなる件。

もちろん、思わぬところでいい評価をされている事だけじゃない。

僕の中で気づいてなかった事で、他人から言われた「認めたくない」ことがある。

それは

完璧主義者だよね」と言われたときに気が付いた。

いやいやいや。

全くそんなことないし。

めっちゃテキトーにやってるし。

と心から否定していた。

が。これもよく言われるのだ。。。

だから、一度完璧主義者な自分」を認めてみることにした

するとどうだ。

髪の整い方とかめっちゃ気にしてる

時間を守らないことに理解ができない

やることはきっちりスケジュールを組んでやっている

自分の決めたことが出来なかったとき、自分にイライラする

他人の些細なミスに気が付いてしまう

自分の思っていた以上に、僕は完璧主義者だったのだ。。。

ショックだったが、実際にそうだったのだ。

まあ切り替えの早い僕は、そこまで気にすることもなかったけど。

こういう自分もいたんだなと受け入れて、でもちょっと嫌だなとも思っていた。

不思議なことに

一度受け入れてみる」と素直になる。素直になると、改善できる場所が見えてきたのだ

これも結局、自分の知らないところを知った結果だったんだなぁ。と深いため息をつきましょう。

結局心持ちが大事な件。

ここまで読んで頂いた方なら

「他人から見えている自分を知ること」は良いことなんだなって感じてくれているはず。

だけど、結局は心持ちが大事。

これは僕の後輩と最近話してて

「まじそれな」としか言いようがないことを言われた話。

その後輩曰く

自分のこと、分かってるつもりだったけど分かってませんでした。

他人より強いと思っていたけど、弱いなって思ったし、意外と傷つきやすいことが分かった。

だけど

自分のことを知らないから、自分に対しても学びがある。

見えないことに可能性を感じたり、ワクワクする。

人に指摘されたり、話したり関わることでの学びも沢山ある。

自分の知らないことって面白い!!

勝手に使ってごめんねと思いながらも書く。そういうところ。

模範解答じゃんね。。

こういう考え方が出来たら、人生めちゃくちゃ面白くなると思う。

久しぶりに、自分より年下の言われた言葉が刺さった。

もうね。ここだけ見てもらえたら満足。

スクショして #べたぶろく で拡散してくれたら大満足。

学ぶ上で忘れたらいけない

ワクワクすること。素直に受け入れること。面白がること。

僕のことは忘れても、ここだけは覚えて帰ってください。

知らない私、こんにちは。

そんな風に受けいれるためにも

自分の知らなかった「自分」に挨拶してみたらいいと思う。

「あ。こんにちは。もう一人の自分さん。」

そしたらきっと、まるで他人事のようにしながら自分のことを知れる。

まだまだ僕にも、知らない自分がいるだろう。

どんな「自分」が待ってるのか楽しみで仕方ない。

こんにちは。よろしくね。

べた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました