消費増税の秘密

どうも。いつもお世話になっております。べたです。

2019年も7月になりました。はやいですね。

そして迫ってきた消費増税

みなさんはどうお考えでしょうか?

正直僕も全く無関心でした。だからこそ考えていきたい。

今日はそんな消費増税について

「国民ちゃん」が考えていくお話をご用意させていただきました。

【あらすじ】

2019年。新元号「令和」を迎えた日本。

2020年には東京オリンピックを控え、国民の意識は大きくそちらに向いている。

がしかし、その前に訪れる可能性が高い「消費増税」。

私たちはどう考えていくべきなのか?国の意図とは?

“増税くん”と”国民ちゃん”が繰り広げる「増税ストーリ―」。

果たして私たちは、どうしていくべきなのだろうか。

目次

  1. 気になること
  2. フリースタイルセッション
  3. メリット・デメリット・ワッツぁ
  4. 私たちはどうしていくべきなのか
  5. あとがき

1.気になること

わたしは”国民ちゃん”。

わたしは、あなたでもあるの。

意味わからないでしょ?私もよ。

そんなことはどうでもいいの。

最近わたし、とても考えていることがあるの。

それが「消費増税」について。

全く持って興味のなかったことなんだけど、あと3か月後には私たちの身に降りかかるんですって。

何も知らないまま迎えるのって、気持ち悪くないかしら?

わたし、とってもいやなの。

だから友達の”増税くん”に聞いてみることにするわ。

あなたたちもついてきてちょうだい。

あ、その前に。わたしの消費増税に対するイメージなんだけど。

ものが前よりも少し高くなる。それが高ければ高いほどに

この私たちが払っている税金で、国がお金を運用している。本当かしら

くらいよ。だって興味なかったんですもの。

余談はここまでにして、そろそろ行きましょう。

2.フリースタイルセッション

えっと、確か”増税くん”はこの辺の橋の下に住んでたはずだけど。。

あ、いた!

おーい!増税くーーん!!

ワッツぁ!ワッツぁ!

もー。相変わらずストリートね。増税くんったら。

今日はフリースタイルセッションしに来たわけじゃないの。

日本ってもうすぐ「消費増税」するでしょ?それについて知ってることを教えて欲しいの!

ワッツぁ。。ワッツぁ。。

分かってくれたみたいね。

言い忘れてたわ。彼、「ワッツぁ」の強弱でしか話せないの。

だからここからは私が訳しながら、話を進めていくわ。そういうシナリオみたいだから。

—————————————————————

そこからわたしは「消費税の増税」について

メリット・デメリット。

国の考えや政策・私たちの今後について質問をしていった。

増税くんは「ワッツぁ」の強弱、時には間を上手く利用しながら話してくれたのだった。

3.メリット・デメリット・ワッツぁ

増税くんはまず、増税をする理由を教えてくれた。

一番の理由は

増え続ける社会保障費(病院とかのお金ね)の財源にするため」みたい。

お年寄りが増えて、若者が減って。

そしたら病院とか、通院とか(他にも色々あるだろうけど)。お金がかかるの。

で、そのお金の財源を確保するために消費増税をするんですって。

「所得税とか法人税上げたほうがよくね?」

そういう意見も出てきてるけど、そうなると

結局今働いている、若い世代の層だけが納税するから、負担に偏りができちゃうんですって。

だから、「お年寄りも若者も関係なく、国全体で納税しようぜ」ってことみたい。

そのうえで、メリット・デメリットについて話し始めた。

—————————————————————

【メリット】

①税収が安定するワッツぁ

景気が悪くても、私たちってものを買うでしょ?

じゃないと生きていけないから。

だから税収が安定するんですって。国に対してのメリットね。

②幅広く課税できるワッツぁ

国全体で税金を納めるわけだから、年齢関係なくぶんどれるの。

誰でも同じ税率でぶんどれるから、公平性がうまれるんですって。これも国に対してね。。

③働く意欲をそがないワッツぁ

ほら、累進課税とかにすると頑張った分だけとられるでしょ?

でも消費税はみんな一緒。あれ?お金ない人不利じゃね?公平性??

まあ、もともと意欲とかないんだけどね。

【デメリット】

①消費意欲下がるんだぜワッツぁ

普通に考えてそうよね。

特にお金がない人たちにとっては痛手すぎるわ。

②景気悪化ワッツぁ

消費が減れば、国の中でお金が回らなくなるでしょ?

そしたら値段だけ上がるデフレになって景気が悪化するの。

実際、消費税を上げるようになってからの日本の景気は悪化をたどる一方よ。

③もっと少子化ワッツぁ

お金ないのに子供たくさん育てる余裕はないでしょ?そういうことよ。

—————————————————————

さすが増税くん。

めっちゃはしょってるけど、分かりやすいわ。

もっと詳しいことは自分で調べろってことね。ワッツぁ。

4.私たちはどうしていくべきなのか

増税くんに色々聞いたけど。結局私たちはどうしたらいいのだろうか。

なんか増税しても、ポイント還元とかでトントンって聞いてたけど?

ワッツぁぁぁ。ワッツぁッツぁ!

なるほどね~。

確かに一時的にはいいかもしれないけど、ずっとそうしていったら企業がもたないわよね。

目先の対策でごまかそうとしているのね。

もう何したらいいか分からなくなってきたわ。増税くん。。。

え?なになに?

自分で考えてもっと発信していけですって?

でもそんな場所。。。。あるわ。選挙ね。

わたし今まで選挙って、定期的にやってくる夏みたいな感覚でいたわ。うるさいセミが道路中にいるでしょ?

これから自分の住んでいる国のことは、自分が関心を持たないといけないのね。

それか国を捨ててどこかへ逃げるわ。

他にもきっと色々ありそうね!わたし調べてみる!

ありがとうね!増税くん!

ワッツぁぁぁぁ!!!!!!!

増税くんと話したわたしは、これからどうなっていくのだろうか。

ここから先はあなたのストーリーである。

べた。

(ってか”国民ちゃん”って名前つけたけど全然使わなかったわ。)

5.あとがき

今回は増税について書いてみました。

なんか、こういう事書くの初めてで手応えないけど。

まあ、何が伝えたかったかというと

自分の国のことは興味持ってたほうがいいかもね」です。

僕自身、ほとんど知識がないので人の事は言えませんけど。

また、この記事を書くに至った動画があるのでリンクを貼っておきます!

この人みてたら興味わくかも!

日本経済に止めを刺す消費税10%に一言【せやろがいおじさん】

消費が冷え込んでる今、消費税を10%にすることで、日本経済にとどめをさすと言われています。消費増税についてせやろがいおじさんが海に向かって叫びました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました