モノを見分ける力

どうも。いつもお世話になっております。べたです。

今日のテーマは

必要なものを見分ける」ということについて。

今持ってるものでも、これから買おうと思っているものでもそう。

それが必要か否か

もちろんそれを判断するのは自分自身ですが、

本当に必要なのか?

ということを判断する上で、一つの基準にしてもらえたらと思います。

買ったけど後から「やっぱ使わないわ!」ってなるのも嫌ですしね!

この記事で身に着くこと

‣モノの判断基準の幅が広がる

‣自分の役に立つモノを見分ける力

世の中はモノで溢れかえっている

便利なものだらけなのは当たり前

最近の世の中は便利になりました。

・月額制で傘をレンタル出来たり

・知りたいことは調べたらほとんど出てくるし

・欲しいモノはどこにいても買えるし

もうホント、有難い限りです。

で、何でそんなに便利になったかっていうと

もっとこんなモノやサービスがあったらいいのにね!

っていう考え方が簡単にシェア出来るようになったから。

それを出来る人たちが「じゃあ作っちゃおうか!」ってなるからですよね。

だから、世の中便利なモノが溢れかえっているのは当たり前で。

100均ですら

「これめっちゃ便利!安いし買っちゃおう!!」ってなるんですよね。

そんで、気が付いたら家の中がモノで溢れかえってるなんてのはよくある話です。

僕も使わないのに

「これ使うと便利かも!」

って衝動で買って、ホコリを被ったまま。。みたいなことが良くあります。(ホコリは被ってないけどね。)

そんな便利なモノで溢れかえった世の中で、今一番必要な力って

モノを見分ける力

だと思ったんです。何が必要で、何が要らないか。

今日はそんな力を身に着けて帰って下さい!実践しないことには変わらんけど。

結局使わないのは無駄遣いと同じこと

でもやっぱり「あったら便利かも!」で衝動買いしてしまうのは仕方ないですよね。

だって欲しくなっちゃったんだもん。笑

その時の自分が「欲しい!」って思ったら欲しいし。笑

ただ、使わなかったら意味が無いのも当然で。

いい値段のモノなら言うまでもないけど

100均とか、割と安いモノってとりあえずで買ってしまう。

結局後に「使わんやん!」で捨ててしまう。

それってめっちゃ無駄遣いやん!

そこに費やしたお金でどれだけ遊びに行けたのかって話ですよ。そんなに行けないだろうけど。

極論を言えば

100均の使いもしないものを、年間100個買ったら

5000円でめっちゃ満足できる食べ飲み放題に2回も行けちゃうやん!

※あくまで極論です。100個も買わねーだろ!ってガチレスはやめて下さい。ツッコミならいいけどね。

だから無駄遣い!

この章で言いたかったことは「無駄遣いもったいないよね!」ってこと。

最初に書いた数百文字はすべて蛇足でしたとさ。

時間を増やしてくれるモノが一番だった話

自分の暮らしをプラスに変えてくれるモノ

さあ!

さっきのところまで読んで「なんだそれ」と思い90%の人がページを閉じたところで

ちゃんとした話をしていこうと思います!

自分の暮らしをプラスに変えてくれるモノとは何か?

それはタイトルにもなってる

時間を増やしてくれるモノです!!

時間を増やす?一日は24時間でみんな平等じゃね?

ってその通りなんです。

その通りなんだけど、

ここでいう「時間を増やす」とは「時間を生み出す」という意味。

要するに

自分が何かに費やしている時間を減らそうよ!ってことです。

ここで分かりやすい例を出してみます。

例えば「お掃除ロボットのルンバ」の場合。——————————

毎日床のごみを掃除する人はほとんどいないと思うんですけど(いたらごめんね。凄い凄い!)、2.3日に一回は、5~10分かけて掃除すると思います。

ということは

1週間で3回したら5×3=15分

1か月が平均4週間として15×4=60分

1年間は12か月だから60×12=720分

つまり、5分で終わらせる人でも年間12時間も床掃除に時間を費やしてるわけなんです。

やばすぎ。笑

「今から12時間休まずに床掃除して下さ~い!」

って言われたら絶対嫌です。笑

そこを「お掃除ロボットルンバ」を買って、勝手に掃除させると

「1年間で12時間」自由に使える時間が増えるんです。

12時間あれば、2時間の映画6本見れるし、自給1000円で働いたとして12000円稼げる。

ルンバがいくらかは知らんけど。——————————

これが「時間を増やしてくれるモノ」なんです。

時間が増えれば、その分自由に動くことができます。

それが結果として、暮らしをプラスに変えてくれるんです。

まぁ、「時間がありすぎても無駄に過ごすからいらないわ!ボケ!」という人もいると思うけど。

ただ、一つの考え方として。

時間を生み出してくれるモノを判断基準にしてみてはいかがでしょうか?

使わないモノは時間を奪う

もういい事は全部言いました。

ここからも蛇足です。

ちょっと前に話した「無駄に買っちゃったモノ」。

それ、捨てるなり・譲るなりしたほうがいいですよって話です。

年に何回か大掃除する時に

「あ~こんなのあったわ~笑」

って懐かしむのも一つの楽しみかたです。

いや、むしろそれを狙ってしてるなら取っておいて下さい。笑

ただ、別にそうじゃない場合。

また新たに別の場所に移したり、使い道を考えたり。

そういう判断に迷っている間に

自分のエネルギーゲージが減っていってしまいます

結果として、その日にしようと思っていたことをしなくなったり。

そこでやる気が削がれるくらいなら、売ってでもお金にしたほうがいいなって思いました。

以上、蛇足でした。

おわりに

今日のテーマは「モノの見分ける力」についてでした。

4割が蛇足だったので、実質必要な部分だけ読めば1分で読めるのではないでしょうか。

でもそれを見分ける力だって必要です。

そういうことを学んでもらいたくて蛇足文を書いたんです。嘘だけど。

まとめると

ルンバ欲しい。でした。

べた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました