クソ真面目に「ナンパ」の本を読んでみた話。

どうも。いつもお世話になっております。べたです。

今日のテーマは「ナンパについて」。

世間ではあまりいいイメージが無いナンパですが、

今の僕にはめちゃくちゃ必要な技術というか

自分を更にレベルアップさせる手段だと思っています。真面目に。笑

そして今回たまたま本屋さんで見つけ、手に取った

ナンパが最強のソリューションである -零時レイ-

を読んだので、感想というか、書評というか。

そんな感じの記事を書いていこうと思います。

この記事で身に着くこと

‣「ナンパ」は頭脳戦だということ。

‣「ナンパ」はコミュ力を磨く手段だということ。

‣それでもやっぱり。。。

僕が「ナンパ」を必要としている訳。

僕の事を知っている人なら分かると思うんですけど

そもそも

僕はクソが付くほどの「真面目」なんです。

真面目」と「ナンパ」だと相対するイメージがあります。

だからこそ

ナンパ」くらい出来るような人間になってやろう。と思ったんです。

度胸と自分磨きの為にね。

「わざわざそんなことする必要ないじゃん!」

ってよく言われる気がするんですけど、僕の考えでは

ナンパ」出来たら何でも出来る気がするんです。

だって、見知らぬ初対面人で、しかも異性。

これが出来たら、どんな人とでも話せる気しませんか??笑

最近この話を小学校の時の好きだった子にしたら

べたじゃ絶対無理だし、イメージ出来ない。爆笑

と言われました。

僕はこの一言で更に燃えてしまったのです。(いやなんで。

だったら意地でもやってやろうじゃないか。と。

だって負けず嫌いだから。笑

そのタイミングで出会った本が「ナンパが最強のソリューションである 」でした。

正直、本だけ読んでもどうにもならないことなんか分かってるけど。。

こうして僕の

「スーパーナンパ生活0日目」が始まるのでした。

筆者は言った。「ナンパで世界が変わる」と。

この本のあらすじ部分にこう書いてありました。

 28~33歳までひきこもり、完全コミュ障だった著者は、ある日出会ったナンパで人生が一転する。そこはチャラチャラした世界ではなく、まさかのストイックな男磨きの場だった。前著から5年、ごまかしのきかないナンパという戦場で、さらに男を磨いた著者が見つけたナンパの真髄とは?

https://bookwalker.jp/de118afb35-48b6-49db-9e16-ad2369376c5c/

この時点で全くといっていいほど惹かれませんでした。

ですが僕は、あの時言われた言葉を何とかして覆してやろうという一心と

(べたじゃ絶対無理だし、イメージ出来ない。大爆笑 )

ノリと勢いで、1600円出して購入。

後悔はしてません。

むしろ友達が家に来た時に「こんなん読んでんのかよ!」という話のネタになったなら、1600円なんか安いものです。

あ、そうそう。

筆者である零時レイさんはこんなことを言っていた気がします。

ナンパで構築した人間関係で社長になったよ~」

こんな軽い感じではなかったんですけどね。

そう。

この人は「ナンパ」で自分の世界を変えた人なんです。スゲェ。

単純で純粋で生真面目な僕は、この言葉を信じて読み進めるのでした。。

「ナンパ」は頭脳スポーツだった。

なんというか

よくネットで

「ナンパ やり方 簡単」

みたいに調べるじゃないですか?(調べたことないけど。

そこで書いてあることも多分そうだし、

この本で紹介されていたいくつかの方法もそうなんですけど

ナンパ頭を使うスポーツだったんです。

どういうことかは8行後に説明します。

正直ね、最初のページからしばらくはこの人の口調がチャラいのなんので。

文章がチャラいってやばくないですか?

しかも、あんまりおもしろくない言い回し。。(と、僕が思っただけ

だけど、あの言葉が脳裏をよぎるので

(べたじゃ絶対無理だし、イメージ出来ない。超大爆笑 )

頑張って読み進めていったんです。

そこで分かったのが

ナンパは頭脳系スポーツだということ。

どういうことかというと

一口に「ナンパ」と言ってもただチャラいだけでは上手くいかない

色んな相手のパターンを想定してやり方を変えている

とにかく行動。そして振り返りの繰り返し。PDCAを徹底する

もはや心理学を駆使したスポーツといっても過言ではありません。しらんけど。

極論、「ナンパ」はチェスや将棋や囲碁のようなもの。

ナンパ=チェス

相手の行動を読み、先手先手で動く。

そして、心を自在に揺れ動かす。

そう考えると「ナンパ」が上手い人は頭がいい人でもあるということ。

そんな一つ一つの考え方が盛り込んでありました。。

だけどやっぱり。。

ここで一旦

話は変わるんですけど

僕は今まで100冊以上「自己啓発本」を読んできました。

そこで感じたことと似ている感覚に陥ったのです。

自己啓発本は沢山読むな。
自己啓発本を100冊以上読んだ猛者による、自己啓発本に関するリアルな話。

詳しくはこちらの記事を見てもらえればいいんですけど

ハッキリ言って

行動しなきゃ何の意味もない

僕は今、当たり前の事を言いました。

その当たり前の事を思ってしまったのです。

ナンパ」にしろ何をするにしろ、行動しなきゃ意味が無いんですね。うんうん。

本やネットや人からの話を聞いて「満足」したらお終いでしょ。。

確かにこの本には

実際に何年もの時間を費やして「ナンパ」して結果を残してきた”How to“はあります。

いわばこの本に書いてあることを実践することで

筆者の何倍ものスピードで成長することが出来るわけですが

そのための”Do“は僕次第。ひいては読み手次第。

ここで僕は「やっぱりな。。」と思ってしまった訳です。

ですが、あの言葉は悪夢のように襲ってきます。

べたじゃ絶対無理だし、イメージ出来ない。超絶大爆笑

難しいのは「一歩目を踏み出すこと」です。

そしてそのヒントもこの本には書いてありました。

それは実際に読んでみて下さい。

あんまり書いたら怒られそうだしね。

おわりに。

ここまで読んで頂いたみなさんならもうお気づきでしょう。

僕も書きながら思いました。

いや、真面目過ぎんか」と。

果たしてこんな奴が「ナンパ」なんか出来るんかいと。

そこまで言われたらやってやりましょう。

べたのナンパドキュメンタル」近日公開。する予定で。

こんなしょーもないことでもブログに書けるのが幸いな所です。

みなさん。お楽しみに。。

べた。

※今回ご紹介させていただいた本

ナンパが最強のソリューションである 零時レイ 著

コメント

タイトルとURLをコピーしました