【Too much】自己発信をする全ての人へ。

頑張らないブログ

タイトルに英語を使う奴は

自分の事が好きな人だと思う。

現に僕は自分の事が好きだし最高だと思ってる。

 

あとはナルシスト気質がある人も多そう。

「英語できますよ俺」感。

多分この人たちは、新しく覚えた単語を使いたがる。

 

ちなみに僕の周りにはこういう人が沢山いた。

お陰であの当時、英単語めっちゃ覚えれたわ。ありがと。

 

 

***

 

 

前置きはこんなもんにしておいて

僕は“Too much”をあまり推奨しない。

簡単に言い換えれば「やり過ぎ」のこと。

何をやり過ぎたらいけないのかというと、全部だ。

 

世の中の大体の事は

やり過ぎると反動が大きくなる。

精神的だったり、肉体的だったり。

筋トレしすぎたら次の日キツイみたいな。しょぼ。

 

肉体的な反動は

なんとなくイメージできると思う。

仕事のし過ぎによる、病気や怪我。

運動のし過ぎによる、怪我。(怪我ばっかやないかい)

 

まぁそんな感じ。

でも精神的な反動は結構キツくて。

 

 

***

 

 

精神的な反動というのは

広告・宣伝し過ぎて、周りの人たちが後ずさりしたり引いたり。

押し売りし過ぎて、悪い噂が広がり、信頼を無くしたり。

同じ言葉を使い過ぎて、その言葉の重みが無くなったり。

 

全てに共通しているのは

まじで悪気なくやっていること。

 

悪気がないから

人に見てもらいたいから

もっと多くの人に知ってもらいたいから

Too much”な動きをしてしまう。

 

そうすると

今まで仲よかった人とか

友達まで行かないけど、会ったら遊ぶ人とか

そういう人達との距離が少しずづ離れていく

 

別にそんなこと気にしないよ!自分の為だし!

という気持ちもめちゃくちゃ分かるけど

どんなに頑張っても

1人で生きていくには限界というものがある。

 

孤独も大事。

でも、孤独じゃなくなれる人達との時間はもっと大事だ。

 

僕自身も

ブログを始めて1ヶ月くらいの時は

誰彼構わず、全SNS に宣伝して回った。

 

ひどい時には

グループラインで宣伝したり、個人的に宣伝したり。

too much

とにかく色んな人に見てもらいたかった。

それだけ自分の中で納得できるものが書けていたから。

 

 

***

 

 

でも長く続けていくと分かった。

よく出来たもの・人に知ってもらいたいもの」ほどすぐには見られないのだ。

 

よくよく考えて見れば

自分が良いと思ったものと

他人が良いと思うものは違って当たり前だ。

 

しかも押し売りときたら話は変わる。

自分で見つけたならまだしも、そんなに勧められたら見たくなくなる

僕はとんでもない天邪鬼だから、誰よりも分かる。

 

twitterなどを見てると

自分と同じレベルくらいの記事でもすぐに伸びる人がいるが

あれは錯覚だ。知名度が違う。

 

でも

本当に良いものは必ず残る。

後からどんどん伸びていく。

これも長くやってきて分かった事だ。

 

こういうことは

頭で分かっていても

実際に体験してみないと100%の理解は出来ない。

 

だからこそ

僕も含めた発信者側の人たちは

続けていってほしい。

 

批判とか

周りの目とか気にしないで。

やってみて違かったら辞めれば良い。

 

僕はブログが向いてる。

文章を書くのが好きだ。

小中高と国語の成績は2だった。

筆者の気持ちを考えるのとか意味わからんかった。

 

でもやってみて

続けてみて初めて分かった事だ。

 

これからも沢山続けていこう。

同じ考えの人もそうじゃない人も、みんなで楽しんでいこう。

 

荒野行動をし過ぎて謎の筋肉痛になった筆者より愛をこめて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました